HOME > Play List

サカスザカス第一回公演

「どうぞよろしくお願いします」 演出:福島三郎 作:松坂早苗

2009/8/26〜8/30 サンモールスタジオ

蒸し暑い夏の午後、一件の古びた民家。
小岩美空(みく)は恋人の卓也と、結婚の承諾を得るために実家に
帰ってきていた。実家には兄の真彦と妻の町子、父の四郎が住んでいる。
ところが肝心の父親が帰ってこない。
卓也は、町子の用意した夕食を前にして「最近ベジタリアンになった」
と突然の告白をする。仕事の都合で会えなかった期間に彼の心に
変化があったらしい。美空は自身のコンプレックスから実家の事も
家族の職業を卓也にきちんと説明していなかったが、父親の仕事は
屠畜解体業だった。食に対する意識の違い。卓也もそのことを
知らされとまどっているところへ、四郎が帰ってくるが・・・。
特殊な緊張感の中から浮かび上がる人々の心のすれ違いやそれぞれの想い。
親子の絆、そして現代社会の問題点を問いかけながらも、
それぞれの会話の中に人情が見え隠れするほのぼのとした物語。


CAST

辻親八 恩田隆一(ONEOR8) 権藤昌弘(飛ぶ劇場) 梅里アーツ 春山椋 松坂早苗(SAKASU ZAKASU) 春日井静奈(SAKASU ZAKASU)

STAFF
音響/青木タクヘイ(STAGE OFFICE) 照明/石島奈津子(東京舞台照明)
 美術/松本翠(翡翠空間) 舞台監督/佐藤久美子 宣伝美術/宮川直也 宣伝写真/坂田篤朗 制作協力/自転車キンクリーツカンパニー 企画制作/SAKASU ZAKASU


サカスザカス第二回公演

「hondana」 演出:福島三郎 作:松坂早苗

2012/1/19〜1/24 SPACE雑遊

たぶんお母さんはもうすぐ死ぬと思う。

母が最期に望んだのは「家族の想い出の本をもう一度読みたい」という事。
避けては通れない人生の一大事を目の前にしながら、

ああ、ごめんなさい
自分の人生だけで手一杯だ!!


迂闊に年をとった三人の兄妹は、母の死を上手く迎えられるのか?
神様、私達は奇跡をお待ちしています



CAST

綱島郷太郎(青年座) 内谷正文(フランクエイジ) 木津誠之(文学座) 神保良介 安井真理子 春日井静奈 (SAKASU ZAKASU) 松坂早苗(SAKASU ZAKASU)  / 歌川椎子

STAFF
音響:青木タクヘイ 照明:石島奈津子 美術:松本翠 舞台監督:山下翼
宣伝美術:宮川直也 宣伝写真:坂田篤朗 制作協力:自転車キンクリーツカンパニー 企画制作:SAKASU ZAKASU


ALBUM

稽古風景

クリックすると拡大します。